会社沿革

会社沿革

沿革
1988年7月 株式会社ジェイネット設立。
中部地区の各大学の求人票整備・公開を目的とした求人検索システムJNETを、光ディスクファイリングシステムにより開発。
1988年8月 愛知大学に第1号システム導入。順次各大学にてサービス開始。
1993年6月 次期システムとしてUNIXによる開発に着手。
第2世代求人検索システムの完成。参加大学13大学に。
1997年9月 第3世代の求人検索システムとして、Microsoft社のWindowsにて開発。参加大学17大学に。
1999年12月 第4世代の求人検索システムとして、インターネット環境を使ったシステム開発に着手。参加大学20大学に。
2000年8月 東海地区の参加大学にインターネットを利用して一括して求人票を提出できる求人受付システム(求人検索NAVI)を、開発着手。
2001年2月 全国でも初の試みとなる「求人受付NAVI」がスタート。参加大学22大学に。
2001年8月 求人検索NAVIのバージョンアップに着手。検索・表示のスピード化に向けて「画像処理」から「TXT化」へと移行。
2003年1月 参加大学が全国に拡大。43大学に。
2006年3月 参加大学が65大学に。
2009年3月 参加大学が80大学に。
2010年1月 名古屋市北区大曽根より本社移転。
2012年3月 参加大学が118大学に。